生きるということ

You should enjoy your life more.

小豆島へ行こう!!交通手段編その3

 

f:id:ecoassist:20190804084927j:plain

 ak.yamaguchiさんによる写真ACからの写真           

 
 
美しい自然に囲まれた小豆島
友人曰わく,一度訪れたら帰りたくなくなるそうです。
友人も,観光で訪れて感動し,移動を決意したとのこと。
 
 
 
さて,今回の交通手段編は ③ 高速バスの利用です。
時間に余裕のなる方なら,検討の余地があるかと思います。

 

交通手段編その1はこちら

↓ ↓

www.freestyle-assist.com

 交通手段編その2

↓ ↓

www.freestyle-assist.com

 

 
 
とはいえ,昼間の移動ではなく夜行バスを利用する方法になります。
時間も,7時間以上とかなりかかります。
それでも,静岡を夜の23時くらいに出発して,大阪梅田に翌朝6:30に着きます。
文字通り寝ている間に着いちゃうわけですね。
 
 
夜行高速バスは,日や曜日によって料金がバラバラですので,
注意が必要です。
 

f:id:ecoassist:20190804085313j:plain

 
8月の料金表を見ると,7日の 9000円が最高。
最安の26日などと比べると 4千円以上の価格差があります。
 
 
問題は,大阪から先をどうするかということですね。
電車で移動,さらに高速バスに乗ってなど様々です。
 
 
そこで,今回考えたのが大阪でレンタカーを借りるという手段です。
上記,最安の26日に借りて,一泊二日の料金は,
日産レンタカーのコンパクトカー 10800円(税込)が最安です。
 

f:id:ecoassist:20190804085357j:plain

 
小豆島のレンタカー料金比較ならこちら
↓ ↓ ↓

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

 
 
 
例えば,大人4人旅で計算すると,
最安高速バス 4700円 × 4 = 18800円
+レンタカー代 10800円
+フェリー代金(ちなみに日生港を利用して計算すると)10370円
合計 39970円 ÷ 4人 =一人あたりの料金は片道 9992円です。
 
 
 
さて,小豆島観光計画の基本になる交通費について考えてきました。
振り返ってみましょうか。(いずれも日生港を利用した場合です)
 
 
 
① の車で行くを計算すると
一人あたりの料金は,
高速道路料金 7470円 + フェリー代金 10370円 
上記に加えて,ガソリン代が別途必要です。
燃費は車によって違いますので,一概には言えませんが,
コンパクトカーで燃費のいい車なら 7500円くらいでしょうか?
合計 25340円 ÷ 4人 =一人あたりの料金片道 6335円
 
 
② の新幹線ですと,
日生港までの電車賃が,13140円 
+ フェリー代金 1030円
合計 一人あたりの料金片道 14170円
 
 
 
いかがでしょうか?
4人以上での旅行なら,断然車で行くが一番安いですね。
 
 
かなり時間に余裕があって,体力に自信がある方なら,
高速バスで大阪梅田で降り,普通電車とフェリーで島へ移動
島内は,レンタル自転車でゆっくりのんびり観光なんてのも
かなり安い料金で楽しめると思います。
 
 
 
その他に,ホテルや食事,お土産などを考えると,
一人あたり 3万円前後は必要かもしれませんね。
 
 
 
次は,いよいよ小豆島の観光スポットに注目したいと思います。
 
 
 
 
小豆島のレンタカー料金比較ならこちら
↓ ↓ ↓
 

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】