生きるということ

You should enjoy your life more.

小豆島へ行こう!!交通手段編 その1

 
友人夫婦が小豆島へ移り住んでから,はや半年になりました。
ぜひ一度,遊びに来てくださいとのお誘いを受け,
それでは,ということで計画を立て始めました。
 
 
小豆島は,これからの時期の観光スポットとして
注目されていますね。
オリーブが名産の小豆島ですが,
5月~6月は白くて可憐なオリーブの花が咲きます。
また7月~8月はオリーブの実がなる時期です。
そして何よりも海に囲まれた小豆島は,海遊びを満喫できます。
 

f:id:ecoassist:20190802075222j:plain

あかしろさんによる写真ACからの写真

 
特に今回は交通手段をいろいろ検索してみました。
料金は私が住む静岡からのものです。参考までに。
 
 
まずは,① 車で行く
人数にもよりますが,車で行くのが自由がきいていいですね。
小豆島の島内は,交通手段が車や二輪車,自転車などが主になります。
本土からフェリーで車を運ぶことも可能です。
島内で,レンタカーを借りるという手段もありますが,料金は若干高めです。
やはり観光地ですね。
 
 
静岡から高速道路で行く場合の料金はどれくらいでしょうか?
まず考える必要があるのが,どこの港からフェリーに乗るのか?
とうことでしょう。
友人にお聞きしたところ,いろいろ教えてくれました。
小豆島へ渡る港は,静岡から近い順に
神戸港,姫路港,日生港,新岡山港,高松港の5つです。
 
 
まず,神戸港は一番近くの港になります。アクセスも良いのですが,
本数が少ないです。平日は13:30が最終ですので,ちょっと時間的な制約があります。
また,土日祝日も昼の11:20を過ぎると,夜の19:20まで午後の便はありません。
 

f:id:ecoassist:20190802075315j:plain

 
料金は,普通車が7990円,軽自動車が6990円です。
加えて,このフェリーは別途,燃油サーチャージ料というのがかかりますね。
 

f:id:ecoassist:20190802075342j:plain

 
次に姫路港です。
ここは,高速道路のICからちょっと距離があります。
姫路の中心街の道路が結構混むようです。
こちらの港は結構な本数がありますね。
最終便も19:30と余裕な感じです。
 

f:id:ecoassist:20190802075413j:plain

料金はこんな感じです。
 

f:id:ecoassist:20190802075434j:plain

 
続いて,日生港。
友人が一番にお勧めなのがこちらの港になります。
ここもICから若干走りますが,道がとてもすいています。
一本道で走りやすいそうです。
 

f:id:ecoassist:20190802075511j:plain

料金はこちら。
 

f:id:ecoassist:20190802075532j:plain

 
次が,新岡山港
本土からですと,何か目的がないとここまで来る意味はないと思います。
どうせなら,こちらから瀬戸大橋を渡って,香川に入る方がいい気がしますがね。
とりあえず,時刻表と料金はこちらです。
 

f:id:ecoassist:20190802075554j:plain

 

f:id:ecoassist:20190802075614j:plain

 
 
最後に,高松港です。
瀬戸大橋や明石海峡大橋を渡りたいと思うのであれば,香川に渡ってから小豆島へという選択肢もありかと思います。
実は,うちの奥さんが今回どちらかの橋を渡りたいと騒いでおりまして,
選択肢の1つに入っております。
時刻表と料金はこちらです。
 

f:id:ecoassist:20190802075646j:plain

 
 
 
さて,続いて各ICまでの高速料金ですが,
静岡から新神戸までの料金は,
休日割,ETC割などを利用した場合の最安料金は 7330円です。
意外に安いですね。
 
 
静岡から姫路はというと,
最安料金は,7120円。
あれ?さらに距離が伸びているのにこちらの方が安いですね。
 
 
次の日生港ですが,直近ICは赤穂ICになります。
最安料金は,7470円。それほど変わりませんね。
 
 
新岡山は,最安料金は 8090円です。
 
 
そして,気になる高松市ですが,
最安料金でも,10190円と最も高いですね。
橋を渡って,香川に入る分かなり高くなります。
目的があるならの選択肢ですが,最安で小豆島へという方は
選択外でしょう。
 
 
 
さて,まずは車での交通費を調べてみましたが,
意外に安いんですね。
家族や友人たちなどと,多人数ならお一人分の料金はかなり抑えられる感じでした。
 
 
 
さて次回は,早くて楽な新幹線です。