生きるということ

You should enjoy your life more.

ipad用 Bluetoothキーボード ロジクール iK1053BK を買った!!

 

   ipadのタッチパネルって結構入力しずらい

 
 
最近いろいろな場面で,ipad を使うことが多くなってきました。
このブログもそうですが,文字を入力する時 ipadだと画面に出てくる
タッチパネルを使って入力してたんですが,そのキーボードが画面の半分を占めてしまうため,
入力しずらいと感じるようになってきました。
 

f:id:ecoassist:20190716142146p:plain

 
画面の半分ってけっこう邪魔ですよね。
あと,パソコンだと両手の指すべて使えて,ブラインドタッチもできるんですが,
ipad だと,変なキーを押しちゃったりするので,2本指でキー打ったりしてますよね。
 
そこで,外部キーボードを購入しようと思って,いろいろ調べてみました。
 
 
 

  キーボードは自分が使用する場面を考えて選択する必要がある

 
 
Bluetooth接続で便利そうなキーボードを幾つか選定してみましたが,
家で使用するなら,それなりに大きなキーボードでもいいと思います。
スタンドにipad を立てて,手前にキーボードを置いて入力することが可能です。
 
 

f:id:ecoassist:20190716142416j:plain

 
とはいえ,私は家ではもっぱらパソコンで作業するので,基本は外出時の使用が前提です。
そうなると,ipad とキーボードを両方持つというのは,けっこうな荷物になります。
持ち運びなどを考えると,やはりタイプカバーのものがいいかなと。
 
そこで購入を決めたのがこちら。
 

f:id:ecoassist:20190716142523j:plain

ロジクール iPad用 キーボード iK1053BK

 

私の ipad は第6世代(2018年)です。
こちらのタイプカバーのキーボードは,第5世代と第6世代に対応しています。
Bluetooth接続で,ノートパソコンのように使用できます。
 
キーの配列は英語配列で,ios仕様に印字されているので快適に入力できます。
一度接続してしまえば,その後はipadをセットするだけで瞬時に接続されるので,
いちいち電源入れたりといった手間がないので,大変便利ですね。
 
充電式ではなく,電池式です。コイン型電池2個を入れて使うタイプです。
ipadを取り外すと,勝手に電源がきれるので,電池寿命が長いのが売りのようです。
説明書によると,使用環境にも寄りますが,最大4年使えるとのことでした。
 
 
 

   1週間ほど使用しての感想

 

 

私はキーボードだけでなく,メモを取ったりする時もipad を使うので,
Apple Pencil を使うことも多いです。
このタイプカバーは画面上にPencil ホルダーが付いているのもなにげに便利です。
 

f:id:ecoassist:20190716142558j:plain

 
 
あと,キーピッチは17mm,キーストロークは1.5mm。
タイピングのしやすさ,打鍵感も抜群ですね。
 
それと,ファンクションキーエリアには,ipad 特有のショートカットキーが
備わっているのもかなり便利です。
 
 

f:id:ecoassist:20190716142642j:plain

 

f:id:ecoassist:20190716142704j:plain

 
① ホーム画面
② Siri を起動
③ 検索バー表示
④ 入力言語変換
⑤ スクリーンキーボードへ切替え
⑥ メディアや音量のコントロール
⑦ スクリーンロック
⑧ Bluetooth ペアリング
⑨ 電源ステータス
 
かなりいいとこだらけの感想ですが,1つだけデメリットをあげると,
かなり重い!!
本体重量が,445g なので,ipad と合わせるとほぼ1kg になります。
 

f:id:ecoassist:20190716142737j:plain

 
カバー自体がしっかりとした造りなので,ちょっとやそっとじゃ壊れなさそうですが,
ほぼ 1kg を重いと感じるかどうかは,使う人次第でしょうかね?
 
 
そして肝心の値段ですが,1万円弱とちょっと高めです。
この値段,高いと感じるか,安いと感じるか,
見た目,作り,使い勝手などを総合しての
私個人の感想は,値段なりの価値はありますね。
 
 
気になる方はぜひ,チェックしてみてください。
 
 
 

 

 

 

 

ブログ村参加中!!ポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村